記事一覧

UcD方式のD級アンプの検討 その2 Nord NCore NC500の導入

UcD方式のD級アンプの検討のつづきです。Hypex社のUcD D級アンプの後継機であるNCoreの主力製品には、キット化されて個人でも購入可能なNC400と、OEM用のNC500とがあります。NC400にはHYpex社製のバッファが内蔵されているのですが、他社へのOEM用であるNC500にはバッファが内蔵されていません。そこで、NC400とNC500の違いをネットから拾ってみました。NC400 vs NC500Power supply = SMPS600, Load=4Ω, MBW=20kHz, Source imp=...

続きを読む

FM電源でLXA-OT1を駆動してみました

UcD方式のD級アンプの検討のつづきです。あ、大してつづきでもないか。(爆)LUXMANのデジタルアンプ LXA-OT1はPMW変調方式なので、電源品位の影響が出やすいのではと思い、以前YA1用の電源に検討したFM電源トランスとFMチョークコイルを入れて遊んでみました。比較はトロイダル電源トランスのコンデンサインプット非安定化電源です。これでも付属のACアダプタより音質が向上しますな。で、チョークインプットによるFM電源に換えて...

続きを読む

UcD方式のD級アンプの検討

D級アンプの出力特性ステレオ誌2012年1月号の付録に付いてきたLUXMANのデジタルアンプ LXA-OT1。以前、LXA-OT1を使ってHPA化を検討したことがありました。このアンプは、TDA7491を使用したPMW変調方式のD級アンプですね。TDA7491HVのデータシートでは、LPFが4~16Ωまでしか記載がないです。そこで、拙宅のヘッドフォンは200Ωなので、それに合うようLPFの定数を変更しようと思ったのですが、結局うまくいきませんでした。そのとき思...

続きを読む

Yoshii9のインピーダンス特性

拙宅のYoshii9は、これまでH080D-AFを取り付けて聴いてました。純正のSPユニットにもどすことにし、ついでに2つのSPユニットのインピーダンス特性を比較してみました。ほとんど変わらないですが、わずかに純正ユニットの方がf0が高いですね。重ね合わすと、こんな感じになります。青がH080D-AF、赤が純正ユニットです。純正ユニットをYoshii9に組み込んだときです。共鳴管の効果が出ているようです。Yoshii9のSPユニットを支えてい...

続きを読む

バランス駆動TVCの製作 その3

バランス駆動TVCの製作 その2のつづきです。製作開始から1ヶ月半、漸く完成しました。準備段階から数えると2年越し(汗)まぁ飽き性なので、実際の製作時間は休日の3日間ほどでした。製作にあたって、次の点に注意しました。・TVCのGNDをケースから分離する。・一点GNDとなる配線にする。・シャーシとケースの間の隙間を木材で埋め、なるべくアルミケースの音がしないようにする。ということで、シャーシを叩いても鳴かないように...

続きを読む

RSS Feeds

TweetsWind

タグリスト:2015~

月別アーカイブ

プロフィール

uenv

Author:uenv
管理者:yiu(ゆう)

休日オデオに少しのカメラと山歩き、ちょっぴりのチャリやってます。何かを作る(壊すとも言うw)のが大好き、でも時間がなくて...