記事一覧

UcD方式のD級アンプの検討

D級アンプの出力特性ステレオ誌2012年1月号の付録に付いてきたLUXMANのデジタルアンプ LXA-OT1。以前、LXA-OT1を使ってHPA化を検討したことがありました。このアンプは、TDA7491を使用したPMW変調方式のD級アンプですね。TDA7491HVのデータシートでは、LPFが4~16Ωまでしか記載がないです。そこで、拙宅のヘッドフォンは200Ωなので、それに合うようLPFの定数を変更しようと思ったのですが、結局うまくいきませんでした。そのとき思...

続きを読む

Yoshii9のインピーダンス特性

拙宅のYoshii9は、これまでH080D-AFを取り付けて聴いてました。純正のSPユニットにもどすことにし、ついでに2つのSPユニットのインピーダンス特性を比較してみました。ほとんど変わらないですが、わずかに純正ユニットの方がf0が高いですね。重ね合わすと、こんな感じになります。青がH080D-AF、赤が純正ユニットです。純正ユニットをYoshii9に組み込んだときです。共鳴管の効果が出ているようです。Yoshii9のSPユニットを支えてい...

続きを読む

イノウエ 10cm KIスピーカー

イノウエ10cm KIスピーカーを導入しました。と言っても3ヶ月ほど前なんですが、訳あってSPユニットのみの購入となったので木工房 弓槻さんにブラックチェリーのエンクロージャを製作してもらいました。で、到着した日に16cmKIスピーカーの上に置いて調整していたら、両方ともスタンドから転げ落ちるというハプニングが起こりましてorzで、漸く修理できたという。(爆)作っていただいたのはエンクロージャとつっかい棒です。まず...

続きを読む

バランス駆動TVCの製作 その3

バランス駆動TVCの製作 その2のつづきです。製作開始から1ヶ月半、漸く完成しました。準備段階から数えると2年越し(汗)まぁ飽き性なので、実際の製作時間は休日の3日間ほどでした。製作にあたって、次の点に注意しました。・TVCのGNDをケースから分離する。・一点GNDとなる配線にする。・シャーシとケースの間の隙間を木材で埋め、なるべくアルミケースの音がしないようにする。ということで、シャーシを叩いても鳴かないように...

続きを読む

無帰還電流駆動アンプの検討

定電流(電流駆動)アンプを作ってみようかと思いました。ネット検索すると、DJ HIGOさんのオフィシャルブログに無帰還電流駆動アンプが掲載されています。回路図を拝見すると、出力段がカレント・ミラー回路になっていました。カレント・ミラー回路は定電流増幅回路ですが、出力インピーダンスが高いですな。しかもNFBをかけないとなると、ダンピングファクターが気になるところです。ただ、非常に興味があるので、机上で試してみ...

続きを読む

RSS Feeds

タグリスト:2015~

プロフィール

uenv

Author:uenv
管理者:yiu(ゆう)

オデオと少しのカメラと山歩き、ちょっぴりのチャリが趣味です。 何かを作る(壊すとも言うw)のが大好き、でも時間がなかなか取れなくて。。。

月別アーカイブ