記事一覧

ノグチトランスのFMカットコアATT その2

ノグチトランスのFMカットコアATTのつづきです。

PCM1704 差動トランスIVの記事では、TLT1010とTLT1595の接続はあまり良い印象ではありませんでした。今回はアンバランス接続だし、久しぶりに早く帰宅できたので、ふとTLT1595を逆接続したらどうなるかやってみました。

DSC00304.jpg

TLT1010とATT34の間にTLT1595を入れます。早速音出しすると、音色に艶が出てきました。

こりゃなかなか良いですな(^_^)v

ついでに、周波数特性もAnalog Discovery2を下記のように接続して測定しました。

→→ DAC1704 (差動)→ [OSC1・CH1:OSC2] → TLT1010ssWJ(合成・IV) → TLT1595(逆接続) → ノグチATT34 → [CH2] → YA1 →イノウエSP

キャプチャ

TLT1595はDCカットするので、むしろノグチATT34との組み合わせは好ましいようです。

ATT34のアッテネータ特性がATT27とは異なり、同じぐらいの位置でボリュームが大きくなりやすいので、TLT1595の逆接続で音量が下がっても問題ないかと思いました。

聴けば聴くほど、今までのTVCのシステムとは別の魅力がありますな。う~ん、こっちの方がメインになったりして。(爆)

多分、イノウエKIスピーカーが高域がだら下がりになっているのを少し持ち上げているからだと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

RSS Feeds

タグリスト:2015~

プロフィール

uenv

Author:uenv
管理者:yiu(ゆう)

自作オデオと少しのカメラと山歩き、ちょっぴりのチャリが趣味ですw

月別アーカイブ