記事一覧

Digilent Analog Discovery 2

これまで周波数特性をWaveGene+WaveSpectraで測定すると、どうしてもサウンドカードの性能に依存するのと、帯域が広くないので、もうちょっとなんとかならないかなぁって思っていました。拙宅ではSiglentの150MHzオシロを使っていますが、ほかにも色々使えるので、今回、拙宅での測定器類の予算としては一発奮起して(汗)、Analog Discovery 2をDigilentから購入していました。(現在は秋月でも売っていますね) Analog Discover...

続きを読む

PCM1704 トランスIV その2

PCM1704 トランスIVのつづきです。今回は、TLT1010を使ってPCM1704のトランスIVを試してみました。一応、TLT1010ssJとTLT1010ssWJのどちらがよいか比較してみましたが、どちらかをトランスIVに使うと残りをアンバランス変換に使用することになります。最終的には、TLT1010ssWJをトランスIVに使うことにしました。TLT1010をトランスIVに使ったあと、直接TVCにつないでも見ましたが聴感的にあまりよくなかったです。Wavespectraで調...

続きを読む

Raspberry Pi 3 with external clocks

未だにRSコンポーネンツでは「近日発売」となっているRaspberry Pi 3 Model B。なぜか秋月ではelement14製ではなくRS製のものが販売され、気づいた時には売り切れという・・orzそこで、え~いとばかりeBayにてelement14製のヤツを送料無料で $46.99、ちょっと円高になっていたので5008円で注文したら、香港から1週間ほどで到着しました。早速、RasPi2と比較してみると、 Raspberry Pi 3 Model BRaspberry Pi 2 Model BSoCBroadcom...

続きを読む

TLT1010ssWJ

Samizuacousticsさんのファインメット®ワールドに「念願のライントランスが完成しました」と掲載されているTLT1010ssWJ。もともと拙宅にあったのはTLT1010ssなので、FMコアや巻き線数などは同じですが、これとは製作段階で異なっているもののようです。今回、ようやく従来のTLT1010ssJと比較することができました。左側がTLT1010ssJ、右側がTLT1010ssWJです。TLT1010ssWJの方が出来立てですし、若干、層間紙が柔らかい感じですが、...

続きを読む

RSS Feeds

タグリスト:2015~

プロフィール

Author:uenv
管理者:yiu(ゆう)

自作オデオと少しのカメラと山歩き、ちょっぴりのチャリが趣味ですw

月別アーカイブ