FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

C-Beam Machine XY-Large その1

かねてよりCNCを安価で導入したいと思っていました。ChinaCNCZoneとOpenBuildsとで迷っていました。前者は中国のCNCメーカーです。後者は3DプリンタやCNCルータなどの機器の製作やデザインなどがオープン化されたサイトで、それをもとにパーツが販売されています。価格的にはあまり差はないので色々悩んだあげく、元のパーツに分解可能なことや組み立て後のCNCの重量などを考慮してOpenBuildsでいくことにしました。早速、日本で...

続きを読む

2018年のマイオデオまとめ

今年も残すところあと1日となりました。今年はTwitterのフォロアさん方のおかげで大変勉強になりました。また、色々と刺激もいただきました。猫の額ほどの大きさですが、マイオデオ部屋を確保して、EMS励磁スピーカーを用いたCloser Allegra EXを導入しました。また、励磁サブウーファーとツイーターを加えたマルチウェイシステムを試してみたいと思い、リニア電源とスイッチング電源の2種類の励磁電源を作りました。励磁電源は、...

続きを読む

DENON DP-3000のメンテナンス

ちょっと前の事ですが、実家に置物と化していたDENON DP-3000をメンテしたという内容です。電源は入るのですが、切れない、回転数も変更できないという状態でした。サーボ回路の基板を見ると、トランジスタの足が腐食してました。トランジスタ、コンデンサを新しいのに交換し、リレー、スイッチの接点を掃除してやりました。ケーブルを束ねていた塩ビチューブがベトベトした状態だったので、百均のスパイラルチューブに換えました...

続きを読む

バランス駆動TVCの製作 その5

バランス駆動TVCの製作 その4のつづきです。前回は、2系統のバランス駆動TVC仕様としたのですが、3系統(3×2ch出力)化したいと思いました。理由の1つは、nanoSHARC kitが4×2chまで対応するようになったからです。ただ、ロータリースイッチは8回路しかないのと、これ以上ケース内にアッテネータートランスを設置するキャパがありません。てことで、前回追加したバランス駆動をアンバランス駆動に変更すれば2×2ch確保できますね。T...

続きを読む

コンデンサのインピーダンス特性の再測定

以前、コンデンサのインピーダンス特性を測定してみましたをアップしました。このときは、FRAplusによるAnalogDiscovery2のネットワークアナライザ機能を使ってインピーダンス特性を測定したのですが、どうしても参照抵抗を含めた測定回路のインピーダンス特性の影響が出てしまっていました。今回、Impedance Analyzer for Analog Discoveryが秋月で安く売られていたので、これを使って再測定してみました。これに合わせてWaveForm...

続きを読む

RSS Feeds

タグリスト:2015~

月別アーカイブ

プロフィール

uenv

Author:uenv
管理者:yiu(ゆう)

何かを作る(壊すとも言うw)のが好き

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。