FC2ブログ

記事一覧

バランス駆動TVCの製作 その4

Nord NCore NC500 その2 TVCを調整とバランス駆動TVCの製作 その3のつづきです。「TVCの配線部分を除いて上下左右のケースをアルミからホワイトオークの集成材に変更することにしました。ホワイトオークはウオールナットに比べて安かったからです。涼しくなったら取りかかろうかと。(つづく)」上記は、2017年8月ぐらいの追記でしたが、あれから1年余り経ちましたね。(爆)なかなか重い腰を上げられなかったのと、TVCを弄ると...

続きを読む

ウーファー用励磁電源作りました

励磁電源作りましたに引き続いてウーファー用励磁電源作りました。今回は、EMS B15EX用でして、2.7A(12V)の定電流出力が必要とのことです。先に作ったリニア電源仕様では、1.2A定電流出力でもかなり発熱したため放熱対策が大変でした。なので、今回はSW電源仕様でいくことにしました。ダイトロンの超低ノイズSW電源がリップルノイズ10mVと低くて良さげですが、いつまで経っても入荷待ちになっているので、秋月でTDKラムダのVS100...

続きを読む

S400でリビングオデオ

Buchardt Audioというデンマークの通販専門のSPメーカーがあります。ちょうど嫁様がピアノ練習曲のCDをリビングで聴くために2way程度の小型SPを探していたところ、開発中のS400がなかなかよい特性だったため5月末頃に予約購入していました。予約期限に滑り込みセーフだったみたいで拙宅には2ヵ月ほどで届きました。このSPは2wayパッシブラジエターの構成になっています。ウェーブガイド付きツイーターのため好ましい特性です。ドラ...

続きを読む

nanoSHARC kitでDirac Live その3 ~CS8421を試してみました

nanoSHARC kitでDirac Live その2のつづきです。nanoSHARCキットはスレーブ入力で48KHzのマスター出力となっているのでDACの前にASRCを介在してみようかと思ってました。そこで、eBayにCS8421基板がお安く売られていたので早速試してみることに。。。ただ、いつものように届くのに1ヶ月ほどかかりました。届いた基板はなぜか青色でした。(爆)この基板は5V入力で2つのレギュレータで3.3Vと2.5Vに変換しています。そこで、3.3V仕様...

続きを読む

2018大阪サウンドコレクション

久しぶりにオーディオイベントに参加してきました。行ってきたのは2018大阪サウンドコレクションです。毎年開催されているようですが、今年は夏期にも開催されてハイエンドオーディオを扱う10社が参加するとのことで日曜日に行ってきました。エソテリックのブースです。オーディオ機器の情報はよく分からないので主にスピーカーに着目して聴いていました。この画像とは別に部屋に入った直後に鳴っていたタンノイの小さなSPの音が印...

続きを読む

RSS Feeds

タグリスト:2015~

月別アーカイブ

プロフィール

uenv

Author:uenv
管理者:yiu(ゆう)

何かを作る(壊すとも言うw)のが好き